FC2ブログ

Entries

狡さ

 狡さ

私の狡さを分けてあげたら
あの人もっと生きていたのか

やさしいことは助けを呼ぶけど
狡さほどには守ってくれない

優しいひとを守ってあげたい
ずるさばかりが私に残る


スポンサーサイト

創造?

 想像?

想像力を働かせれば無作為に選んだダレかを貶めることもできるし
遠くか近くかも分からないひとに優しくすることだってできる

創造するちからがなければなにも分からなくて知らなくたって
生きているように活かされているよ。幸せ。

ネオン

 ネオン

言葉は玉子だったり
そこから産まれた白樺だったり
成長して石だったり

Q.粒子が眼に見えてノイズであるとき
 恐怖心を取り除けば
 善悪の表層はオパールの無限の輝きの中で
 揺り篭となりうるでしょうか

視線は平行線に点を打ち
其処から五本の光が延びたり――

光りは人を作ります
再び太陽と抱き合って
感情は溶けて混ざりやすく


型にはめられハートになります

そうしてみんな怖くなく
そうしてみんな安心し、

それからどうして泣いたりするの?


道端神様観察記

 道端神様観察記

本日は晴天 家を出て西に六本目の電信柱に
神様が御出でのようです。
電信柱にしがみ付く御姿は
さながらコアラでしょうか

昨日は、わたくしの部屋の扇風機と
わたくしの間に胡坐をかき鎮座し
扇風に命言を奮わせ啓示を授けて頂きました。

只今、別の神様がトラのノラに〈小説家行〉と
デコをナデましたが、
また別の神様が御出でになり――
なにやら「クロ、クロ」と耳打ちなされ
見事な純白の猫に様変わり
生垣の隙間に飛び込んでいきました。

国道では大型トラックの荷台の上に
肘を付いて寝そべる神様とすれ違いました

家の外壁に黒墨を「趣だ、おもむきだ」と呟きながら
泥遊びを済ませた御手で触れておられ――

ほぅほぅ、たしかに年期の入った趣きで御座います。

オイデマセ オイデマセ
いつでも、お庭を整えておりますゆえ、

オイデマセ、オイデマセ
網戸越し鍵尾の黒猫待つ家に御座いませ

オイデマセ―― 
また、夜のコンビ二街灯の下 泣いていたひとの煙草を装い

Appendix

プロフィール

稲穂多記  InahoTaki

Author:稲穂多記  InahoTaki

未完成なモノの場末の掃溜め。 ほとんどガラクタでたまには照る照るモノ。 ※YouTube動画始めました。コチラから。よろしければ。8/2更新

最新記事とコメント

↓今までの記事です

 

インフォメーション

お立ち寄り頂きありがとうございます。いなほ です。
ただでさえつまらない与太事ばかり書き連ねている場所にもかかわらず、
こんなところまで気がついてくれて
どうもありがとう。
良いことがありますように。

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ