FC2ブログ

Entries

温もり

 温もり

今、
飛び立った身体と
君の物ではなくなった羽と

僕の物になった羽根が
力を失った羽根が

 何か を生むために
(具体的な事なんて分かったら未来人)

踏み切るための線を引く支えになったり、
風を撫でる感触に微笑んだり

決してまだ遺物ではない
初めて手を握ったような


日差しの中では――

心臓を聴け。
スポンサーサイト



息継ぎの練習

 息継ぎの練習

沢に 蛙の児が 腕を持ち
魚の泳ぎが窮屈になり
波紋を描く

 ほら、 指だ――土だ
これが 『空気』
そして 乾きがくる
尻尾から沢に戻る
波紋に揺れていたのは『空気』だった
先ほどまで肺に蓄えることができたもの
これから吐き続けるもの 乾きがくるもの

沢に 蛙の児が 腕を持ち
魚の泳ぎが窮屈になり
波紋を描く


息継ぎの練習のために
くりかえし

    にほんブログ村 詩
    人気ブログランキング いなほ
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム
人気ブログランキング 詩・ポエム

自然に、自然に!

 自然に、自然に!

足音が聞こえると、
私一人の
正直な寂しさ
小石を蹴って

生えてきたような
人型の岩に
はじかれる音を聴いた

岩はもたれて重なり合う
隙間には
それでも、と潮風を愛す緑の風が
蒼い空に背中を押され
自然であることをやめないんだ。



それからは、

泣いてる背中には
笑いかけようと想うんだ。

何か一つ、

正直であることに逃げないで来た背中には
笑いかけようと想うんだ。

波が岩を打つ音が、
自然であることをやめないんだ。

それからは、



――笑いかけようと思えってんだ!

私よ! ワタシよ! (私)私!

泣くことなんて大自然へ!

    にほんブログ村 詩
    人気ブログランキング いなほ
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム
人気ブログランキング 詩・ポエム

舟曳き

 舟曳き

砂漠に在り、舟を
夜空はしずか、賑やかし
足跡を見つめ、残っていないことを知らない
振り向けば歩まぬし、肩に食い込む綱の痛み
オアシスのための移動ではない
さらなる命、カルマのために!
船曳きの道、仰ぎ見よ!
座するモノドモ!

    にほんブログ村 詩
    人気ブログランキング いなほ
にほんブログ村 自作詩・自作ポエム
人気ブログランキング 詩・ポエム

Appendix

プロフィール

稲穂多記  InahoTaki

Author:稲穂多記  InahoTaki

未完成なモノの場末の掃溜め。 ほとんどガラクタでたまには照る照るモノ。 ※YouTube動画始めました。コチラから。よろしければ。8/2更新

最新記事とコメント

↓今までの記事です

 

インフォメーション

お立ち寄り頂きありがとうございます。いなほ です。
ただでさえつまらない与太事ばかり書き連ねている場所にもかかわらず、
こんなところまで気がついてくれて
どうもありがとう。
良いことがありますように。

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ