FC2ブログ

Entries

こころは不憫


腕が二つあるのは便利だからだろう
脚もふたっつ
目もふたっつ 
耳も、鼻の孔もふたっつ
眉毛もふたっつ(時々ひとつ)
口は例外ひとっつだけ(ウルサイから)

指が五本ずつあるのは便利だからだろう
小指一本なくなったってなんとかやるさ
薬指二本でも
中指三本でも
人差し指四本でも
親指まで全部なくったって
なんとかなるさ



全部持ってる奴よりは不便なだけさ
(「フビン」ッテイウナヨ)

唯一のモノは便利とは言えない
不便とも言わない

大切にできるのだから
関連記事
スポンサーサイト

なみだを拭うひと


逢いたい人に会えないときは
遠くを見たをそのままに閉じている
(まぶたの距離に居るそぶり)

目を開けばいつものまやかしで
希望の隣に顔を出す
何処に居たっていいんだ。
雲の陰や星の近く、 
あの青い隙間から
瞼(こいつ)は探し出すのだから

逢いたい人に会えないときは
あの人が抱いた私(からだ)を歩ませる














涙を拭う人よ。
それは私を優しさへと紡ぐ
あなたの優(つよ)き糸
関連記事

ソラ回り


いつもソラばかり見ているから今日は地面を見て歩くつもりだったが足がひょこひょこ追わせるから眼もひょこひょこ付いて行ってなんだか地球は丸い気がして玉乗りでもしているような70億人の大玉乗り例のごとくその他がそれ以上いるのだけれど玉乗りを知っているのは数十億人とフンコロガシはもう一踏ん張りヌーの群れが命がけでアフリカの地面を走っても玉の速さは変わらないがアヤシイ人間がアヤシイ手つきでアヤシイ薬品を手を滑らせたフリをして
地面に落としたら……
ちょっと速くなるかもしれない



おっとっと! 赤信号うつむく人には
血信号青ざめ信号 

      待ってくれ!

玉乗り中にすれ違いなんて
アリなのかい!? もうダメだ!
――いつもの空よ!

巨大な雲の群れが追い越して往く
皆同じ方向へ まるで地球(たま)乗りでもしているように

それでも速さは変わらない
関連記事

ヨハミチヅレ


浮かない顔をしてどこへ行くの?
と訊ねてみたいが、
そんなことをすればぶっとんでしまう

あなたとわたしは他人なのだから

気になるのは
沈む顔だけではない

遠く怒れる声が
聞こえないままでも響いている
踏み入れたことのない土の感触を
不安に刈られた鼓動でもって
砂粒のざらつきに変える



どこへ行こうか

そんな過去以外のどこへ

関連記事

青い雪


まだ雪に成り切れない今頃は
カジカミを忘れさせるほど
覗き色は重みを増す

雨樋あまどいのない平ら屋根が
渋々と未熟な氷を脇に垂らす

粗目轍(ざらめわだち)は幾重にも覆りを仕掛け
靴底の踏み損じを嘲笑わ らう

時折り覘く映えた緑に
越冬キャベツの甘さを呑んだ

今頃の雪は
始まりを青白く固めながら
終わり重ねる顔で還す
関連記事

クソガキ!


ナミダに言われ

笑顔に浴びて



関連記事

Appendix

プロフィール

稲穂多記  InahoTaki

Author:稲穂多記  InahoTaki

未完成なモノの場末の掃溜め。 ほとんどガラクタでたまには照る照るモノ。 ※YouTube動画始めました。コチラから。よろしければ。8/2更新

最新記事とコメント

↓今までの記事です

 

インフォメーション

お立ち寄り頂きありがとうございます。いなほ です。
ただでさえつまらない与太事ばかり書き連ねている場所にもかかわらず、
こんなところまで気がついてくれて
どうもありがとう。
良いことがありますように。

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ