FC2ブログ

Entries

呱呱

 呱呱

かわりばんこでキスをして
あなたが先かわたしが先か
〝救急車とおります〟
やさしい、(やさしい) 警鐘

 さあ、乗りましょう
 あなたが横になって
 眺めているのは好きよ
 (きっと、赤ちゃんだって、そういうものよ――)
 
(赤色灯)すぐそこ!(嗅ぎつけて)

 きみの家の天窓に
 射し込む月明かり欠けて
            墜ちた先


 おとなしく燃えている
 そう、ゆらゆら、が正解で

 星々だけ
 攪拌し乱反射
 アイコンタクト独り占めした
 夜の深く深く
 平ら?  うすっぺらい。
 立ち止まって
 「観ているから」(起ち止まって? ×佇ち止まって)

〝緊急車両とおします〟





 動きなさいよ
 進みなさいよ
 見ているの 〝うすっぺらい〟
 深さを知るには
 カラダごと
 運んで 〝来なさい〟

関連記事
スポンサーサイト

雨の日

 雨の日

雨の日
バスの神経とは別の無数の眼のひとつ
の@越しに窺ゐ知る

女子高生が踏み渡る鯨幕を
一緒になって撃ち続ける

 雨  雨
  雨  雨
      雨

 腐ってゆくのだろうな





雨の日
繋がっている
@越しの窓はムシムシとしている



関連記事

ⅡⅩⅨ 酔狂

 ⅡⅩⅨ 酔狂

手の中で 
ウジにも満たない
林檎が腐り
またしてもコケティッシュ

そういったニオイがお好きのようで
腹を下し
眼もうつ
下顎だけが狂おしい

夜間その手はまだ青く
明け方のあの
朝靄交差点は
またしてもコケティッシュ



葡萄のような朝です
青信号「発酵させますか?」
関連記事

平素跳躍(願望)

 平素跳躍(願望)

掘り起こされた壁から骨がでて
起き上がります

すると私の身はその骨に宿り
一日街を散策し
ショッピングをし
フライドチキンを食べ
突然の勧誘人の話を聞き
「宝くじは当たりますか」と尋ねる

信じることですと云われ
骨が溶けてその場でゴムのような人形に成る
すると信じられないといった顔で見下され
その目玉を指差して笑ってやる



ゴム体となってようやく
私は解放されたのである

笑ったことで筋細胞は密となり
ゴム毬のように跳ねて動ける
こんなに愉快な気分は初めてだ!

 さあ! 家へ帰ろう!

夕焼けに向かって跳ねているときの
影の動きの小気味好さに
跳躍はさらに高く〳〵なり

遮るもののない日没の方角に
海が見えた


波は見えない
船もない
ただ、防潮堤には飛沫が上がる
遠くには黒い雲が確認できるが
風向きはどうかな
カモメは海の方へ飛んでいくようだが――

ともかく

はっきりとしない言葉から
海は今日も穏やかです
関連記事

「詩とピアノ」の動画です。

yukoedenさんという方と「詩とピアノ」の動画を作っています。

以前作ったものを二つ、ブログにも載せます。

まだ、二つだけなのですが。。
これから増えていく、、、予定。


 「目覚めの朝に日がさせば」



詩   稲穂多記
ピアノ yukoeden 曲 「里の秋」
※ この詩は、ブログにもあります。よろしければ コチラ


 「森のお話」



詩文 稲穂多記
ピアノ yukoeden
曲 ブルグミュラー25の練習曲 8番 「優しく美しく」
※ これもあります。。 コチラ

Appendix

プロフィール

稲穂多記  InahoTaki

Author:稲穂多記  InahoTaki

未完成なモノの場末の掃溜め。 ほとんどガラクタでたまには照る照るモノ。 ※YouTube動画始めました。コチラから。よろしければ。8/2更新

最新記事とコメント

↓今までの記事です

 

インフォメーション

お立ち寄り頂きありがとうございます。いなほ です。
ただでさえつまらない与太事ばかり書き連ねている場所にもかかわらず、
こんなところまで気がついてくれて
どうもありがとう。
良いことがありますように。

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ