FC2ブログ

Entries

桜の木を眺めていた


鮮やかに花びら舞う木があれば
見事に花散る木も並ぶ

芽吹いたばかりのワタシには判らない
同じ木 同じように花びらを
風に装っただけなのに

ヤレヤレと首を振った雨粒が寄って来て
ぽつりボツリと説き過ぎる

「アイツはヒトに好かれているからさ。
昔からヒトが笑えば花を飾って傍で泣いてりゃ、一緒に花びらこぼしてやがった。
そうやって、いつの間にか
人(ヤツラ)のココロに花を付けたんだ」


「どうすればヒトのココロに
咲くことが出来るのでしょうか。
ワタシには無理なのでしょか」

「雨が止んだら大きくなれ。
これから何度か雨が降る
雨が止んだら大きくなれ。
可能性はそれだけさ」
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

稲穂多記  InahoTaki

Author:稲穂多記  InahoTaki

未完成なモノの場末の掃溜め。 ほとんどガラクタでたまには照る照るモノ。 ※YouTube動画始めました。コチラから。よろしければ。8/2更新

最新記事とコメント

↓今までの記事です

 

インフォメーション

お立ち寄り頂きありがとうございます。いなほ です。
ただでさえつまらない与太事ばかり書き連ねている場所にもかかわらず、
こんなところまで気がついてくれて
どうもありがとう。
良いことがありますように。

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ